忍者ブログ

アタフタしないぞ!

子育て、生活の記録ブログ

子育て日記【父と母と子と】第六十五回


2018.5.19
わくわく鉄道フェスタに行ってきました。
当日は朝方、雨がぱらついていましたが雨天決行なので出かける気満々でいました。
家を出る8時30分頃には雨もあがり、十分なお出かけ日和になりました。

JRと秩父線を利用して、会場のある秩父鉄道の広瀬川原車両基地を目指します。
降車駅はひろせ野鳥の森駅。
会場までの直通臨時列車もあったのですが、今回も気持ちよく土手を15分歩いて会場に。

日差しは強く、吹く五月の風は心地よいものでした。

会場に入ってすぐ、白バイと消防車がお出迎え。
子供に乗車体験とか写真撮影とかをさせます(笑)
企業ブースや出店、ステージを眺めつつ、会場の奥のエアートランポリンまで移動。
途中、秩父鉄道バス、トラバーサーなどに乗ったり、SL、電気機関車を見学したりしました。

会場を守るご当地ヒーローさん、悪役さん、各種ゆるキャラに遭遇しつつ歩きます。
そのたびに写真撮影会になりますが。

ヒーロー、悪役、マスコットの組み合わせがビックリマンチョコのシールのようですね。
ご当地ビックリマンがあってもいいような気がします。

ミニSLは人気があって、今年も乗れませんでした。残念!来年こそは!
(来年2019年は秩父鉄道120周年らしいので、もっと混んで乗れないかもしれない…)

さて、そして昼食は各種出店から調達です。
移動販売車のパン屋さん、ちまき、フライ、ちらしずし、おむすび、唐揚げなどなど…おいしくいただきました。
そして巨大なわたあめ。直径40cmはあろうかという巨大なボール状わたあめでした。
500円でしたが、食べる時間と驚き具合から、私は納得できてしまいました。

ステージでは演奏やダンス、ヒーローショー、鉄道芸人さんのショー、各種周知などが行われ、常ににぎやかでありました。

イベントは10:00から15:00まででしたが、子供の体力も考え13:30頃に帰ることにしました。
まだ帰りたくない、という子供をだましだまし帰路につきました。
お土産は東武鉄道新型車両リバティのプラレール。

去年も好天に恵まれ、盛大に日焼けしたのですが、今年も同様でした(笑)
会場では常に熱中症予防を心がけるほうが良いくらい日差しが強いので、飲み物、日よけ、日陰を大いに利用したほうがいいと思いました。
会場の奥のほうには屋内の休憩所もあり、お蕎麦やお弁当を買って食べることができるようでした。
トイレは設置が3、4台だったでしょうか。
足踏み式の手洗い場も3つくらい設置されていました。貴重な水場でした。

あと、会場入り口で手提げ袋をもらいましたが、会場でもらえる細かい配布物をしまうのに非常に便利でした。

鉄道好きによらず、普通のファミリーでも十分楽しめるイベントなのではないでしょうか。
来年も開催されるようなら、是非行ってみたいものです。

というわけで、今回はこれまで。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2018/08 09
2 3 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
ほしな”ぱぱ”とおる
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

counter